忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

不眠症解消の対策や原因をご紹介してます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク

不眠症は、睡眠障害の病気の中の一つですが、健常時に比べて睡眠時間が短いために、精神的・肉体的に不調が起きてしまいます。
夜、眠れないのは本当にツライことだと思います。


不眠症は、大きく分けて4つに分類することができます。

①入眠障害
寝ようと思っても寝つきが悪く、なかなか眠れないという症状。目安としては30分~1時間以上眠れないと、入眠障害の疑いの恐れ有り。

②中途覚醒
中高年に多く見られる症状で、朝起きるまでに何度も目が覚める。

③早朝覚醒
朝早く目が覚めてしまい、その後、寝ようと思っても眠ることができない。

④熟眠障害
睡眠時間は十分なのに、眠りが浅い為に眠った感じが得られない。


念のために付け加えると、1日や2日など短期的に上記の症状が起きたからすぐ不眠症と云う訳ではなく、長期的におこった場合ですし、人それぞれ個人差があります。

寝ようとして眠れなかったり、熟睡が出来ないために体調が悪くなったり、日中仕事中でもに眠くなって支障がある場合は、病院で診察してもらい不眠症治療が必要です。
不眠症の症状がもし一ヶ月以上続くようなら、不眠症の疑いがあるため病院に行った方がいいかもしれません。

不眠症になって交通事故などをおこすこともあるので、できるだけ早めに治療するべきです。
不眠症かどうかの判断基準としては、朝起きた時に寝た気がしない、よく眠ったつもりなのに何だか体がだるい、いつまでも眠い等の症状がある時は不眠症かもしれません。

PR
スポンサードリンク
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.6No.5No.4No.3No.2No.1→
スポンサードリンク
忍者アナライズ