忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

不眠症解消の対策や原因をご紹介してます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寝不足によって頭痛の症状が表れる人もいると思いますが、それは、寝不足によって脳にストレスがたまる為に頭が痛くなるケースや、寝不足または寝すぎでも脳の血管が膨張するために頭痛がおこる場合もあります。
また、枕を変えたら頭痛が治まったケースもあるそうですよ。

「寝不足による頭痛=病気」というわけではありません。

「寝不足だとどうも頭痛がする」
「寝不足のときは必ず頭痛がする」

そんなときは、まず睡眠をしっかりとることで、頭痛が解消される場合も多いそうです。

寝つきが悪いため睡眠不足になりがちな人は、医師に相談の上、睡眠薬を服用したほうが良いかもしれません。深刻な不眠症になる前に早めの診察をお勧めします。

なりやすいなら、睡眠導入剤などを服用するのもいいかもしれません。


睡眠時間も十分だし熟睡してるはずなのに「頻繁に頭痛がする」「仕事中に眠くてしかたない」などの症状がある人は、もしかしたら”睡眠時無呼吸症候群”の可能性もあります。
頭痛などの原因に心当たりが無い人は、病気の可能性があるので、かかりつけの病院などで診察を受けましょう。


寝ようと思っても頭が痛くて寝付けない人は、頭痛薬を服用して就寝すると熟睡できる場合も多いようです。
ただ、市販の頭痛薬を服用しても効果がなかったり、頭痛薬を飲むことが習慣化しているような人は、医師に相談する必要があります。

一般的には、内科・・神経内科・心療内科で受診すればいいと思いますが、もし脳に何らかの心配がある人は脳神経外科がいいかもしれません。
前もって病院の総合案内所に電話で症状を詳しく説明して、何科に行けばよいか相談すると教えてくれます。

睡眠時間や快適な睡眠を心がけることは、人間にとってすごく大切なことです。睡眠環境を整えて規則正しい生活をするだけで健康状態がいっぺんに改善した人も多いと聞きます。

どうも寝た気がしない人は、布団を交換して硬さを変えたり、パジャマを変えたりするだけで熟睡できるかもしれませんよ。

PR

寝不足で起こる症状についていくつか説明してきましたが、今回は寝不足と動悸との関係についてご紹介していきます。
「寝不足だと動悸がする」と感じている人は、参考にしていただければと思います。

寝不足のときに動悸を感じる原因としては、血圧が下がっている可能性や血中のビタミンB1が減少している可能性があります。

夜10時から深夜2時のあいだに熟睡すると、人間は免疫力が上がるそうなので、動悸がおこり難くなるかもしれませんので、意識してこの時間帯は熟睡できるように環境を整えるといいと思います。


寝不足の時しか動悸が起こらない人は、それほど神経質に心配する必要はないと思うのですが、それでも頻繁に動悸を感じるときは早めに病院で診察をうけた方がいいでしょう。動悸の症状は、深刻な病気のサインであるケースも多いからです。

特に、睡眠状態に関係なく、息が急に苦しくなったり、胸が痛くなることが1日に何回もおこるようなら直ぐに病院に行く必要があります。
病気でない場合も、生活環境の急激な変化(仕事・睡眠状況・ストレス・食生活など)によって、動悸がする場合もありますが、気になったら自分で悩まずに医師に相談しましょう。

病院にいって精密検査を受けてもとくに異常が見つからなくて、医師から動悸の原因は、疲れや睡眠不足、ストレスだと言われ、規則正しい生活を心がけて動悸の症状が改善する人もいるそうです。早寝・早起き、たばこを止めたり、飲酒を控えたり・・・・。

ただ”規則正しい生活”をするのがかなり難しい、かといって薬を毎日飲むのも抵抗がある、そんな人は、漢方薬を服用すると動悸の症状が治まることもあるそうです。漢方薬を飲むことで体質改善を目指して、動悸を抑える努力をするのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

動悸を放置しておくと、自律神経失調症・うつ・パニック症候群などの症状がでる可能性もあるので、早めの対処を心がけることが大切です。

寝不足だと基礎体温が高くなる傾向がありますが、寝すぎても基礎体温は高くなります。
また個人差があって、寝不足のほうが基礎体温が高くなる人もいて、人それぞれ症状が違うのです。

睡眠状況によって基礎体温がそれほど違わない場合は、あまり気にする必要はないと思います。

女性は基礎体温を測定する人も多いと思いますが、同じぐらいの睡眠時間で、しかも同じぐらいの時間帯に基礎体温を測るのが理想だと言われています。

睡眠時間は、少なくとも4時間以上はとった時に測るようにして、目が覚めてすぐに測るようにしましょう。眠たいからといって、2度寝のあとに測ると基礎体温が違ってきますよ。

測定時間を同じくらいにした方が良い理由は、気温の変化によって基礎体温が違ってくるからです。

基礎体温が変動してしまう要因は、先ほどお話した「寝不足」「寝すぎ」以外にも、ストレスなど精神状態でも大きく変動する場合があります。ですから基礎体温の測定自体をストレスに感じたり、測定値のばらつき等を極端に気にすると、基礎体温が変動してしまいます。

あまり神経質にならないように気をつける必要がありますね。

女性によっては、排卵日を基礎体温から予測する人も多いと思いますが、排卵日を正確に知りたい女性にはオススメできません。基礎体温から予測するのではなく、すこし手間ですが排卵検査薬や病院で調べるほうが確実です。

慢性的な寝不足は病気になる原因にもなってしまいます。「寝不足は万病の元」と言う人もいるので、規則正しい睡眠が健康の元といえるのかもしれませんね。

特に妊娠したい女性は、まず規則正しい睡眠から始めてみては如何でしょうか。

寝不足が吐き気の原因になり得るのか?

寝不足と吐き気との関係には、体質や体調などによって個人個人で症状が違い、寝不足の時には吐き気がする人もいれば、まったく吐き気をおぼえた事が無い人もいます。
ちなみに吐き気がする人は、なるべく吐かないように我慢したほうがいいそうです。吐き気の度に、吐いていると吐き癖がつくからだそうです。

また寝不足だと、吐き気だけでなく”めまい”もする人もいます。
もし寝不足の時には、吐き気を催すのなら寝不足を早めに解消する必要があります。

寝不足が慢性的な症状の場合は、体の免疫力を低下させる原因にもなりますし、その他の様々な病気の原因となります。
吐き気にしても、何らかの病気の初期症状とも考えられるので、充分に睡眠をとったにも関わらず吐き気の症状が改善されない時は、早めに医師の診断を受診しましょう。
夏場での熱帯夜では、吐き気が熱中症のサインであることもあります。

不眠症や寝不足の専門医もいますので、一度受診したほうが良いかもしれません。

寝不足だけでなく、仕事によるストレスや過労が重なった場合は、更に深刻な病気を発病する可能性が高まります。
「たかが寝不足」「たかが吐き気」と、軽く考えていると、実は深刻な病気になっていた、なんて事がないように、早めに病院に行くのが大切です。

寝不足解消のために熟睡する方法として、一般的に言われているのは「コーヒー等のカフェインを含む飲料を飲まない」「就寝前の3時間は食事を摂らない」「就寝前に神経を興奮させない(ゲーム・パソコン・テレビ等)」があります。
夜、熟睡できない人は、ちょとした生活習慣を変えることで、短い睡眠時間でも熟睡できる場合もあるので、試してみる価値はあると思いますよ。

睡眠時間が長くても”睡眠の質”が悪ければ寝不足になる場合もあるからです。

また寝不足からくる吐き気だと思っていたら、熱中症だったということも、熱帯夜には起こりがちです。

寝不足によって”めまい”が起こるケースがありますが、症状としては”クラクラ”としためまいが多いのではないでしょうか。

理由としては寝不足だによって血圧が下がってしまい、立ちっぱなしや急に立ち上がる時にめまいが起こるのです。
つまり低血圧によって一時的に脳が貧血状態に陥っているのです。
めまいが起こりやすいのは日頃から低血圧ぎみな女性や老人です。

めまいの原因が寝不足であるなら、しばらく座って安静にしていれば殆どは症状が治まる場合が多いのです。
めまいは寝不足以外にも、過労・ストレス・脂分や塩分の摂り過ぎな等でも起きやすい症状なので、生活習慣を思い起こして自分なりに寝不足の原因を考えてみましょうね。

過労や寝不足を解消するのが、めまい予防に一番良い方法ですが、無理な場合は急に立つことを止めたり、長時間立っていないようにする等の工夫が必要です。

ただ、軽いクラクラするめまいでも、長期間続くようであれば病院で診察してもらいましょう。
寝不足や過労が原因でないときは、深刻な病気である可能性もあるからです。

めまいでも、特に”ふわふわ”する感じの時は、危険な場合もあるので直ぐに専門医に診察してもらいましょう。

めまいの症状によって、受診すべき科が違いますので、病院に自分の症状を電話で相談してから受診しましょう。もし分からない場合は、とりあえず神経内科か耳鼻科がいいと思います。

めまいの原因しだいでは、薬やストレッチなどで簡単に防げるケースもあります。

1 2 3  →Next
スポンサードリンク
忍者アナライズ