忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

不眠症解消の対策や原因をご紹介してます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク

寝不足だと基礎体温が高くなる傾向がありますが、寝すぎても基礎体温は高くなります。
また個人差があって、寝不足のほうが基礎体温が高くなる人もいて、人それぞれ症状が違うのです。

睡眠状況によって基礎体温がそれほど違わない場合は、あまり気にする必要はないと思います。

女性は基礎体温を測定する人も多いと思いますが、同じぐらいの睡眠時間で、しかも同じぐらいの時間帯に基礎体温を測るのが理想だと言われています。

睡眠時間は、少なくとも4時間以上はとった時に測るようにして、目が覚めてすぐに測るようにしましょう。眠たいからといって、2度寝のあとに測ると基礎体温が違ってきますよ。

測定時間を同じくらいにした方が良い理由は、気温の変化によって基礎体温が違ってくるからです。

基礎体温が変動してしまう要因は、先ほどお話した「寝不足」「寝すぎ」以外にも、ストレスなど精神状態でも大きく変動する場合があります。ですから基礎体温の測定自体をストレスに感じたり、測定値のばらつき等を極端に気にすると、基礎体温が変動してしまいます。

あまり神経質にならないように気をつける必要がありますね。

女性によっては、排卵日を基礎体温から予測する人も多いと思いますが、排卵日を正確に知りたい女性にはオススメできません。基礎体温から予測するのではなく、すこし手間ですが排卵検査薬や病院で調べるほうが確実です。

慢性的な寝不足は病気になる原因にもなってしまいます。「寝不足は万病の元」と言う人もいるので、規則正しい睡眠が健康の元といえるのかもしれませんね。

特に妊娠したい女性は、まず規則正しい睡眠から始めてみては如何でしょうか。

PR
スポンサードリンク
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5
スポンサードリンク
忍者アナライズ